上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当ブログの以前のエントリーでも取り上げた事のある北区上十条にあった『久保の湯』さんが2011年9月末日、30日(金)を以ってお店を閉められた。


久保の湯 外観


戦前から80年近く十条で湯を提供してきた皆の集いの場が、残念ながらその歴史に幕をおろしたのだ。ご主人にお話を伺ったところ、この建物は昭和31年に建てられたもの(築55年)だそうで、老朽化が激しいためゆくゆくは取り壊しを考えているとの事だった。

詳しくは以前の久保の湯エントリーに譲るが、自分にとってはこの銭湯には個人的な思い入れが強く、それだけにこの出来事には大きな衝撃を受けた。奇しくもその以前のエントリーの中で『「この場所を体験できるのはこれが最後になるかもしれない」という事を頭のどこかに置いて空間を楽しんでいきたい。』と書き残していたのだが、まさにそれが現実となってしまったというわけだ。
もう二度と久保の湯の格天井の木目を見てウットリしながら脱衣したり、ガラス広告のオリジナルキャラクターを愛でたり、縁側に腰を降ろして坪庭(&池)で湯上りのほてった体をクールダウンさせながら脱力するといった楽しみが味わえなくなってしまったのだ。

この廃業の知らせを聞いた自分も、お店を閉じられる1日前に最後の久保の湯に行ってお湯を楽しみ、様子を画像に残してきた。また自分のハードディスクの中に幾つかあった過去の久保の湯さんの画像もこのエントリーに残しておこうと思う。
何度も気持ちよさを味わわせてくれた、東京都北区上十条の庶民文化と久保の湯さんに感謝を表す意味で在りし日の久保の湯画像をピックアップする。

なお2011年10月現在、この久保の湯さんの周辺地域を含め北区の旧軍用地だった広大な区画は大規模な再開発の波に飲まれ、昭和の景観の残っていた町並みが急速に消滅している。当エントリーの久保の湯さんの画像postのあとに、その再開発がどれだけ広域なものかを記した地図を貼り付けているので興味のある方はそちらも合わせてご確認いただきたい。軍都北区で戦後すぐに開発された町並みが現代の建築に変わっていく過渡期にあるという事が認識できるだろう。

では以下より久保の湯さんの思い出画像を貼り付けていく。



■十条 久保の湯 (東京都北区上十条2-8-16)



大きな地図で見る


JR埼京線の十条駅から徒歩3~4分の場所にあった。池袋からは2駅目で、10分もあればアクセスできる立地だった。また、通常25時まで営業されており、終電近くの遅い時間になっても人々を受け入れてくれていた。
ではそんな夜の久保の湯画像から。


夜の久保の湯


十条久保の湯


十条久保の湯、構え


薄暗く細い路地の奥にぼうっと光るその構えを見つけるといつもありがたい気持ちになっていた。

番台やアルミ枠の窓など近年改築された部分はあったものの、扇風機や体重計と言った備品や、昭和の時代に作られた注意書きのフォントなどから色濃く過去を感じる事の出来る特異な空間であった。


十条久保の湯


十条久保の湯


十条久保の湯


久保の湯 体重計


十条久保の湯


十条久保の湯 柱時計


見事な柱時計は現役で時を刻み続けていた。


久保の湯の注意書き


十条久保の湯


続いて以下はお店を閉められる1日前に伺った際の様子。自分にとっては本当にこれが最後の久保の湯体験となった。


久保の湯 外観


久保の湯 外観


久保の湯 玄関先


久保の湯 最後の挨拶


傘立て(ロッカー)にはお店を閉めることを伝える挨拶文が貼られていた。


久保の湯 入り口


この玄関部分の天井の作りは脱衣場の格天井とは素材や仕上げ方が異なっていた。もしかしたら番台をカウンター式のエントランスに作り変えたときに玄関付近の改築があったのかもしれない。


久保の湯 下駄箱


そしてこちらが『折り上げ格天井』と呼ばれるタイプの天井。


久保の湯 格天井


脱衣場の湿気を考慮して天井の高い造りになっている。


久保の湯 格天井


男湯と女湯の間に立つ大黒柱には堂々とした柱時計が鎮座。その横には昭和の時代からよくぞここまで残ってくれたガラス広告(看板)が存在をアピールしていた。


久保の湯 脱衣所


また久保の湯に行った際にはいつも利用させていただいていた縁側の風景はこういったものだった。(動画 ↓)





この日は久保の湯を体験できる最後の機会だったこともあり、特に長居させていただいた。湯を堪能し、畳の長座椅子で呆け、パンツにTシャツという無防備な格好のまま縁側で脱力する最高の和みを味わうことができた。
この建物から外に出る直前、最後の最後に古銭湯巡りの際の自分の定番『オレインザミラー(俺 in the mirror)』で久保の湯さんに別れを告げてきた。


久保の湯でオレインザミラー


この思い入れ深い銭湯が無くなってしまった事は本当に残念でならない。しかし多くの人々が銭湯を必要としないスタイルで生活しているのだから仕方がないのだろう。東京のいわゆる下町と呼ばれるような横の繋がりが残るエリアですら、もう銭湯は必要ないのだ。久保の湯さんも近年は利用者がどんどん減っていたのだと思う(あくまで体感による推測ですが)。

この北区十条地域は戦前に日本軍の施設が多くあった場所で、軍事産業に従事する人々が多くいた。またそういった人々を相手にして商店街や飲食店なども整備されてきた歴史がある。赤羽や十条の現在の街の原型はこの頃に出来上がったものだ。
戦前、久保の湯の近くにも東京第一陸軍造兵廠(現在の十条台自衛隊駐屯地と北区中央公園を含めたエリア)や東京第二陸軍造兵廠(現在の北区十条台と板橋区加賀にまたがる)があった。これら軍用地だった場所は戦後の米軍接収時代を経て国からの払い下げ地となった。
それらの払い下げ地は戦後、都営団地、公共の学校施設や国立大学、国の公共事業宿舎などに使われてきた。払い下げ地は主に昭和20年後半~30年代に開発されており、その時代に造成されたそれらの地域は2011年現在北区が最も力を入れて再開発を行っている場所となっている。

このような北区の成り立ちを把握しようと桐ヶ丘レポートを書いた頃に北区の戦前の軍用地域を色付けした地図を作った事がある。北区は戦前に軍都として栄えたと言う事を視認できるようにしたかったためだ。
今回、この地図に久保の湯さんの位置と、ここ5年ほどの間に北区軍事施設跡地で再開発されている地域を色づけしてみた。薄い黄色で色付けされているのが戦前北区にあった軍用地を表し、赤く塗りつぶしたエリアが近年再開発されている区画となる。戦後に起こった町が2000年代に入って大きく作り変えられている只中であるのがはっきりと分かる。


東京都北区 戦前の軍用地と2011年の再開発地域比較MAP
※画像クリックで拡大します


いかがだろうか。赤のエリアがかなり多い事に気が付くと思う。
例えば上十条の自衛隊駐屯地(旧東京第一陸軍造兵廠)に隣接していた『都営王子本町アパート』も2011年に取り壊された。


大きな地図で見る


王子本町アパート ランドマーク
※この画像は2011年10月現在取り壊されずに残っている王子本町アパート1号棟とランドマークの給水塔


■在りし日の都営王子本町アパートいろいろ


解体前の王子本町アパート


王子本町アパート


王子本町アパート


王子本町アパート


王子本町アパート 奥は自衛隊駐屯地


奥に見える鉄塔は自衛隊駐屯地に建てられたアンテナ。
2010年夏頃から住民の引越しが目に付くようになった。


王子本町アパート 引越し



王子本町アパート


王子本町アパート 引越し



王子本町アパート 引越し


様々な思いのこもった生活の一部が切り取られているようでいろいろな家族ストーリーを妄想してしまう。14型ブラウン管テレビのチャンネル争いだってきっとあったはずだ。


王子本町アパート 引越し


王子本町アパート 引越し


そして・・・・


■2011年2月、解体


王子本町アパート 解体工事


王子本町アパート 解体工事


王子本町アパート 解体工事


王子本町アパート 解体工事


どかーんどかーん


王子本町アパート 解体工事


王子本町アパート 解体工事


王子本町アパート 解体工事


王子本町アパート 解体工事


2011年、東京都北区旧軍用地ラインの再開発はすさまじいスピードで進んでいます。わずかに王子本町にはこのような景観が残っていますがもう探さないとこういうエリアには出会えないと思います。


王子本町に残る井戸


周囲は開発されてしまったものの水場だけが残った例。
下は井戸と生活空間が共に残る稀有な例。


王子本町に残る井戸


こういった光景が一般的だった時代、大量な人の流れがあったこの立地の久保の湯にはさぞ沢山の人が通ったのだろう。近年の開発によって平屋でトタン屋根の風呂なし住居はどんどん建て直され、ほぼ全ての家に内湯が設置されるようになり『銭湯』という文化は必要とされなくなってしまったのだ。いわゆるスーパー銭湯と呼ばれるような大きな銭湯娯楽施設は別として、昭和から残る地域に密着した旧来の銭湯が存続し続けるのは非常に難しい事なのだと痛感する。

こういった背景がありながら現在まで湯を提供してくれていた久保の湯の体験を忘れずにいたい。
もうこんな体験はどこに行ってもできない。これまでありがとうございました。



--------------------------------------------------------------------



2012年7月21日 追記

2012年7月8日、散歩のついでに北区上十条の久保の湯さんのあった場所に立ち寄りました。
過去にこのような情景を見せてくれていた場所が・・・・

上十条にあった久保の湯


                    ↓
                    ↓
                    ↓
                    ↓
                    ↓

全て取り壊されて更地になっていました。

20120708_kubonoyu


こうやって東京の風景は知らないうちに新しいものに置き換わっていってしまっているのですね。残念ですがどうすることも出来ない時間の流れです。こうやって景観を変貌させていくのが東京なのですから。

最後に言いたい事は、やはり「久保の湯さん、ありがとうございました」のヒトコトに尽きます。
本当に、本当にありがとうございました。
東京都北区上十条のあの場所で、自分は銭湯のワビサビや戦後からの外湯文化(他者と触れ合いながら湯につかる文化)といったものを堪能させていただきました。

リアルな『銭湯という空間』がここにはありました。

自分の脳内にある記憶の地図の中に風穴を空けられてしまった感覚を悲しみつつ、東京都北区上十条・久保の湯エントリーはこれにてフィニッシュ。物理的に消滅してしまったのだから、もうどうやったってあの場所には戻れません。
感涙。

なお、リンクを飛んできて久保の湯さんの雰囲気が分からないという方はまずはコチラのエントリーからご確認ください。

http://3pomaniax.blog116.fc2.com/blog-entry-93.html


先日の散歩の際にある発見をした。


2011年4月の第一週。この日は目的地ややりたい事をまったく設定せず、行き当たりばったりの展開を楽しむ散歩を行っていた。

自宅を出て歩いていたところ、都営バスのバス停留所が目に留まった。


都営バス停留所


行く先を見ると『浅草寿町』(あさくさことぶきちょう)の文字。コレに乗れば浅草雷門のすぐ近くまで行く事ができるのだ。
震災後、浅草にはまだ行っていなかったことと、この時期であれば浅草寺近くの墨田公園の桜が見頃だろうと考え、ひとまずバスに乗ってみることにした。


車窓から町を眺める


車窓から見えるイカした建物や馴染みの無い町の様子を眺めたり・・・・


車窓から見えた素敵な商店


急遽行く先となった浅草周辺の地理を頭に入れながら進んでいくと・・・・


車窓から見えた素敵な商店


不意に途中でハッとさせられた。
進むバスから外を眺める俺の目に飛び込んできたのはコレ。


遠くに見えてきたのは・・・


むむ?あれは・・・・・・


こ、このマークは!


おおお!?


丸に専の字が入ったロゴマーク



ズバーンッ!おおコレは!


これは以前、北区滝野川6丁目でよく見ていた日本家屋(現在はもう無い)の柱に打ち付けられていた謎のマークではないか!

バスがその場を通過するとすぐにデジカメをプレビューモードにして収めた画像を良く確認してみる。
するとそこには『日専連加盟店』の文字が確認できた。

「やった!このマークの意味を知るきっかけができたぞ!」
と喜び、帰宅後に調べてみるとこのマークの意味が分かったのですよ!

答えはwikiにありました。
ハイ、どーん!


日専連の旧ロゴ
※wikiより転載のマーク ↑

こちらのURLをご確認下さい。

wikipedia 日専連説明
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E5%B0%82%E9%80%A3

なるほど、この説明によるとクレジットカード事業を行っている会社の旧タイプのロゴがこのデザインなのだと表記されている。
これは良い情報を知る事ができたと、ホクホク顔の俺。

そんな流れから、件の滝野川6丁目プレートと並べてこのエントリーにまとめてみようと、該当の画像を引っ張り出してきたところ・・・・・





























滝野川謎のロゴプレート


あれ?これ違うマークじゃん!

『専』のマークと記憶していたため日専連マークと同一のものかと思い込んでいましたが、実際に見比べてみると異なったものでした。
そんなわけでこの『普専』マークについては結局現在も由来が不明なまま。


え~?進展してねぇじゃん!


その通りでございます(笑)



謎の解明にはまだまだ時間を要するようである。





にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村



4月第2週末。

桜好きな俺のこのシーズンの散歩はやはり桜を追うものとなった。

今年、2011シーズンは特にゆっくり静かに桜を眺めたいという思いが強かった。そこで北区の中でもそれほど人の多く集わない桜スポットを中心にいくつかの場所を巡ってきた。桜並木として区内では有名な通りや桜の植えられた公園など、複数の場所の桜を見てきたのだがやはり桜を用いて区の活性化を図ろうとしている北区だけあって、ゆっくりと眺めるのに適した桜スポットがいくつも存在した。

そんな中でも足を運んでみてやはり「良い」と思わされた桜があった。これまでにこのブログでも取り上げた事のある都営桐ヶ丘団地で見られた桜風景である。
これまで当ブログでは桐ヶ丘レポートとして都営桐ヶ丘団地のことを扱った事があるが、この都営桐ヶ丘団地にも桜が多い。昭和20~30年代に造成された団地空間には多くの桜が植えられ、ものによっては40~50年の時を経て見事に成長しているというワケだ。

今回のエントリーでは2011年シーズンに見ることのできた都営桐ヶ丘団地の春の風景をまとめ、これまでの桐ヶ丘レポートの補足データにしようと考えた。
それらを『桐ヶ丘レポート【補】 キリガオカノハル』と題して春の訪れを感じられる都営桐ヶ丘団地の風景を残したいと思う。




----------------------------------------------------------------------------------------------



■桐ヶ丘レポート【補】 キリガオカノハル


以前の桐ヶ丘レポートにも書いたが、桐ヶ丘団地には多くの桜があり桐ヶ丘だけの春の情景が感じられる場所となっている。(桐ヶ丘レポート【3】 都営桐ヶ丘団地魅力考・魅力4 多様な自然の存在を参照のこと)

以下は全て2011年シーズンに訪れた桐ヶ丘団地で見ることのできた春の風景となる。



キリガオカノハル01


今回はN地区を中心に散策。W地区、E地区には桜はほとんど無い。N地区造成の際に桜を植えて欲しいという要望があったのだろうか。


キリガオカノハル02


N38号館前。多分これはベストな時期である。ベターではない。


キリガオカノハル03


奥に見えてくるN37号館にも桜のアクセント。満開だ。


キリガオカノハル04


団地住棟のペイントと桜の薄紅色のコントラストもなかなかのものじゃありませんか?

住棟番号表示と桜という組み合わせをぼーっとしばしの間楽しむ。


キリガオカノハル05


都営桐ヶ丘団地の住棟番号表示は頭文字のアルファベットが小文字だったり大文字だったり、フォントに統一性が無かったり、マテリアルが異なっていたり(タイル埋め込みやペンキペイントなどもある)という面白さもあるのだがそれはまた別の楽しみ方。


キリガオカノハル06


ピンクに染まったN39号館とN41号館の間を抜けていく。


N39号館とN41号館


団地内掲示板にはこんなメッセージが。残念だ。


キリガオカノハル07


途中、団地内の小さな公園の前を横切る。小学校低学年くらいの子供達がニンテンドーDSで遊んでいた。ここにも桜があったなんて、以前夏に来た時には気がつかなかった。


キリガオカノハル08


参考までに、下は夏シーズンの同じ公園となる。


桐ヶ丘の公園_N50号館西側公園03


この日は明らかに暖かな南からの風が吹いており、とても散歩に適した陽気。暖かな風が吹く中とある桜のある場所を目指す。


キリガオカノハルN51横


N51号館の横を抜け・・・・・


キリガオカノハルN52横


N52号館の横を抜け・・・・・


キリガオカノハルN49北通路


N49号館の北側通路を抜け・・・・・

やってきたのはN33号館横。ここには都営桐ヶ丘団地内最大の桜があるのだ。


以前のレポート中でも触れたこの個体だ。(7月撮影) ↓


桐ヶ丘団地の緑_立派なソメイヨシノ


そして下が桜の咲いた図。これが桐ヶ丘一のソメイヨシノである。


キリガオソメイ


あれ、こうして並べてみて初めて分かりましたが1本大きな枝(というか幹でしょうか)が無くなっていますね。意図的なのか、何か理由があったのか・・・?
少々残念ですがキリガオカソメイを堪能。


キリガオカソメイ


やはり素晴らしい。この個体の一番イキのいい時期を見られた事を喜ぶ。

そしてひとつ、現地で気付いた事。


キリガオカソメイの幹


今年ここに来て始めて気付く事ができたのだが実はこの個体は一本ではなく、2本の個体が繋がって1本になっているものだということが分かった。(このように2本がくっついて1本のようになっているソメイヨシノは結構存在します。)

と、そんなワケでこのソメイヨシノの程近くにある『なかよし公園』にて30分ほど2011キリガオカ桜チル。


キリガオカノハル10


桐ヶ丘の桜を楽しむ際にやはり特筆すべきなのは『自分の世界に入り込みやすい』という事だ。言い換えると『周りに人がいない』とも言える。

桜の幹はやや細身で枝ぶりもやや寂しめではある。ただ、桐ヶ丘での桜の楽しみ方はそういうものではない。空間と、捻じ曲がったような時間の流れを一緒に楽しんでこそのキリガオカザクラだと思うのだ。

なかよし公園での30分間、桜が満開のこの公園を俺が一人で独占。なんという贅沢。


キリガオカノハル12


公園がどのくらいの広さなのかを記録するため動画にも収めておいた。音を含めて感じて欲しい。





一人きりのなかよし公園を堪能し、また桐ヶ丘の春を探しに歩みを進める。


そして見えてくる桜と貯水棟。


この組み合わせでぐっときてしまうのは何故なのだろう。


キリガオカノハル13


えんばん公園もこの通り。なんとまあ昭和40'sだこと。


キリガオカノハル14


風景をカメラに収めているとネコが寄ってきた。


キリガオカノハル15


どうやらナワバリを荒らしてしまったようである。すまんすまん。


キリガオカノハル16


そのまま今度は桐ヶ丘中央公園に移動する。ここにもソメイヨシノが植えられている。


桐ヶ丘中央公園の桜


桐ヶ丘中央公園の春


キチが丘中央公園ベンチ越しの桜


数人の少年にコーチが野球の指導をしていた。


桐ヶ丘中央公園の風景1


桐ヶ丘中央公園の風景2


そのまま公園内を通り抜け、E、W区域のある南側に足を向ける。


桐ヶ丘団地給水塔


いつものように給水塔に挨拶しながら桐ヶ丘中央公園方向へ。


桐ヶ丘中央商店街2


ここにも春の雰囲気があふれていた。


桐ヶ丘中央商店街1


桐ヶ丘中央商店街3


桐ヶ丘中央商店街4


桐ヶ丘中央商店街5


これが桐ヶ丘の春である。


キリガオカノハル18


桐ヶ丘団地の1Fに設けられた商店街に何故こういうものが売られているかという事をきちんと考えると現代桐ヶ丘の象徴のような気がしてならない。こういうニッチもあるのだ。


キリガオカノハル17


この洗剤の分量の感覚が分かるのは何歳位までの方なのでしょうか。


帰り際の桐ヶ丘の植木鉢では下のような風景も。


キリガオカノハル19


以上が2011年に桐ヶ丘で楽しんだ春である。

夏の緑あふれる桐ヶ丘はもちろん美しいが、桜はこの1週間だけなのでもっと特別な雰囲気があるのだ。こういった特別な情景は非常に魅力的だと思うのだが、実際に都営桐ヶ丘団地内の公園にほとんど人がいないのが現状なのだ。



----------------------------------------------------------------------------------------------



最後におまけ。

コチラは桐ヶ丘団地に隣接する赤羽台団地にあるスターハウス棟と桜の風景。


akabanedai_sakura



スターハウスってなぁに?というあなたにはこのURLをプレゼンツ。 ↓

■wiki スターハウス説明
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9



はい、満喫しました。







なお、もっと深く都営桐ヶ丘団地について知りたい方は以前の桐ヶ丘レポートエントリーをご覧ください。



※このように素晴らしい桜風景のある桐ヶ丘団地エリアですが、当然この場所は団地に住む方の生活圏です。いわゆる一般的なお花見スポットではありません。騒いだり、激しく飲酒したり、ゴミを放置するなどは言語道断です。もし桐ヶ丘の見事な桜を楽しみに行く場合にはくれぐれも他人に迷惑のかからないように気をつけたいところです。



にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村


このたびの東日本大震災に被災されました方々またそのご家族に、心よりお見舞い申し上げます。

東京に住んでいる自分にとっても2011年3月11日は想像もできない事が起こった日となりました。
首都圏も鉄道をはじめとした交通網が麻痺し、物流が滞り、商品の買いだめが起こりました。このような状況を受け、当然仕事においても私生活においてもそれまでと同じリズムで生活を送る事はできませんでした。そんな中、3月15日(火)に半日ほど時間が取れました。
その時間で何をしようかと考えたときに浮かんだのは『今の東京の実際の様子を自分の目で見て今は何をする時なのかを判断したい』という思いでした。テレビ、ネット、携帯などを含めた様々なメディアから知る世の中ではなく、自分で見て感じてバランスを保ちたかったのだと思います。

そこでその日の午後、渋谷から池袋まで歩いてきました。そしてその時に目にした街の様子をデジカメに収めてきました。これらの記憶は風化させたくないと思い、撮り溜めた道中をスライドショーに起こしました。

ホームタウンとなる大塚駅から山手線に乗り渋谷まで移動し、そこからは徒歩でほぼ明治通りに沿って池袋まで歩いた記録です。

パート1が大塚、渋谷→新宿まで。パート2が新宿→池袋までとなります。スライドショーをご覧になる方は下の再生ボタンをクリックしてください。


【補足】

・スライドを見ている途中に気になった画像があったらマウスポインタを画像に重ねてみてください。スクリーン左上に短いコメントがでますので撮った場所や狙いが分かるかもしれません。
・スクリーン下部にポップアップするナビゲーションバーで全画面表示、停止、送りなどの操作ができます。
・スライドショーはどちらも10分程度の長さになります。(回線速度によっても多少変動します)

















放射能漏れが起こってしまった事による外出者の少なさと集団心理による商品の買いだめなどは特に象徴的でした。この情景をどのように捕らえるかは見ていただいた方それぞれで思いを巡らせていただければ幸いです。




にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村




  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。