上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去の記憶の整頓ということで、まだまだ俺の持つ過去のアーカイブからの散歩ネタです。
ということで日付をぐぐっとまき戻しましょう。


2007年5月20日(日)
日曜日ということで仕事もお休み。8時30分頃起床し、眠い目をこすりながら外を見ると、、、、

うわ~っ!まぶしっ!
見事な晴天、雲ひとつ無い快晴!もうそれだけで気分が高揚するのが分ります。夏大好き、暑いの大歓迎な自分としてはこんな天気の良い日は絶好の散歩日和なのです。

今になって考えてみると、自分の中での『2007夏の始まり』はこの日だったかもしれないですね。

ともかく、
『ああ、早く家を出ないともったいない』と、
そんな気持ちにゆりうごかされながら、オキニイリのTシャツに袖を通し、これまたオキニイリの音がたくさんつまったi-podをつかみ、肩掛けカバンに都内の地図をつめこみ急いで家を出ます。
余談になりますが長距離散歩を行う際に地図というのはとても重要なんです。散歩の楽しみ方のひとつとして、地図を見ずに目的地も決めずに思いつきで進行方向を決めていくという楽しみ方もあるのですが、どこか決められた目的地を目指す場合には地図をみてルート選択をするほうが圧倒的に短時間で移動が出来るからです。更に言わせていただくと、散歩の際に持っていく地図は縮尺の大きなものでないと駄目です。車用のロードマップなどでは細い路地等が割愛されてしまっていることが多いため役に立ちません。俺の散歩には地図とi-podというのが欠かせないアイテムとなっているのです。

話を元に戻しましょう。

勢い勇んで家を飛び出した俺でしたが行く先はまだ決まっていません。

「とりあえず王子駅まで歩くか…」

なんとなくそう考え、まぶしい日差しを受けながら、自宅から歩いて15分ほどかかる王子駅を目指します。あ、そういえば王子駅に行く途中にいつも気になっている日本家屋があったよな、、、、お、見えてきたぞ、あれあれ。

ウチの近所にあるイカシタ家屋

ということで撮ったのがこの画像。かっこいいなぁ。
ぼーっと立ち止まり家屋を眺めることしばし、、、、、、回りから見たら怪しいことこの上ない(笑)

カッコイイ日本家屋を堪能し、王子駅へと歩みを進めます。
程なく王子駅に到着。さてどこに行こうかな。ここで改めてこの先、進む方向を考えてみます。

王子駅を中心に考えた場合、東に向かえば隅田川を越えて足立区方面へ。
北に向かえば東十条を超え、赤羽方面へ。
西へ向かえば西巣鴨を超え、池袋方面へ。
南に向かえば上中里駅を超え、上野方向へ。
しばし考え込み、ひとつの思いが浮かんできました。

「今まで一番行ったことの少ない方向に進んでみよう。」

と、そんな思いでした。その思いに支配され、選んだのは『上中里駅』方向。上中里といってもご存じない方が多いとは思います。事実関係を確かめたことはありませんが、上中里駅は京浜東北線の中で一番乗降客の少ない駅だと聞いたことがあります。それほどマイナーな駅なのです。

京浜東北線沿いを歩くこと15分ほど。王子駅から上中里駅に到着。
ふと右手を見ると野球のグラウンドがあり、その奥に木々がゆらいでいるのが見えます。
うん、行ってみよう。
上り坂が30~40メートルほど続き、そこを登り終えるとこんな風景が飛び込んできました。

滝野川公園にて01

うわぁ、なんて素敵な風景なんデスカ!
強い日差しを受けて生き生きとしている緑、木々のすきまから差し込む木漏れ日、流れる水。うん、素敵だ!こういった風景との偶然の出会いがあるので散歩はやめられません。
(あとから調べてみるとここは『滝野川公園』という名前の公園でした。)


このいかしたチルスポットでまったりすること20分ほど。辺りをぼーっと眺め、しばしの放心状態。カモたちも俺を歓迎してくれています。(と、勝手に思い込んで自分を盛り上げていました(笑)

滝野川公園にて02

ここでハッと思いつきました。

「そうだ、今日は緑のある庭園を巡ろう。」

思うが早いかカバンから地図を取り出し『旧古河庭園』を探してみました。

旧古河庭園は北区西ヶ原にある日本庭園で、上中里駅からは歩きでも10分とかからない近い位置にあります。という事はこの公園からもそう遠くはないはずです。北区上中里付近を見てみると、おお、あった。ここからだと、、、200~300メートルくらい。想像以上に近いんだ。なるほど。

早速、旧古河庭園に移動開始。歩くこと3~4分。

迎えてくれたのはこんな風景でした。

旧古河庭園01

古河庭園はウチから歩いて訪れることのできる庭園の中で、最も近くに位置しています。(とは言っても徒歩20分程かかるのですが(笑)そのため年に1~2回は訪れる、俺にとっては定番の庭園なのです。

ここでひとつ豆知識。
古河庭園は時期によっては芝生広場を使ってコンサートが行われていたりします。狙って行ってみるのもいいかもしれませんね。ちなみに俺は2006春シーズンにここで行われた二胡(中国の伝統楽器。2弦を弓で弾く。)コンサートに行ったことがあります。自然の中、日が暮れてライトアップされた洋館をバックに大陸的BGMでまったりなんていう抜群のシチュエーションで二胡、ピアノ、ギター、サックスの四重奏。『北区も捨てたもんじゃねえなぁ』と思わされた出来事のひとつでした。


さて、話題を元に戻しましょう。

旧古河庭園で見られる風景ですが、ここにはいかしたビューポイントがいくつもあります。

旧古河庭園02

この風景もそのひとつ。緑に囲まれた高台の上から日本家屋を眺めることが出来ます。

日本庭園を進んでいくとこんな風景も。

旧古河庭園03


ね、いかすでしょう?この日は天気も良いせいでなおの事、緑が綺麗に見えました。

庭園をぐるりと1周し入り口付近に戻ってくると、ちょうど芝生広場を開放するタイミングでした。(普段は芝生の中には入れません。)
せっかくなので芝生の上にごろり。

旧古河庭園04

辺りを見ると同じようにこの日差しと緑を楽しんでいる人たちがたくさんいました。
30分ほど芝生の上で過ごし、旧古河庭園を堪能し次の目的地への移動を開始します。

次の目的地はもう既に頭の中で決めてあります。
ここ旧古河庭園から約1キロほど離れた場所にある『六義園(りくぎえん)』です。

旧古河庭園を後にし、本郷通りを南下。山手線の駒込駅方向を目指します。
道中飛び込んでくる風景を堪能しつつぶらりぶらりと歩いていきます。

こまいぬ

駒込駅近くの社にあったこまいぬの造形なんかも楽しみつつ、20分ほど歩いて六義園に到着です。


さあ、六義園です。
ここは旧古河庭園以上にみどころがたくさん存在します。四季それぞれのシーズンに、それぞれ楽しめる風景があるのもポイントが高いです。春は桜、夏には今回のような深緑、秋には紅葉が楽しめます。今ひそかに狙っているのは「雪の六義園」なのです!東京に大雪の降ることがあったら雪の積もった庭園を楽しんでみたいなと狙いをつけてます。
ではその六義園、どんな風景を見せてくれるかと言いますと、、、、、

六義園01

中央の池回りはとても手入れが行き届いています。さすが入園料を300円取るだけのことはあります(笑)感心しながら歩いていると、

六義園04

うーむ、たまらんですな~。「和テイストのなごみ」に大満足です。やはり天気の良い日の散歩は格別ですね。

六義園07


六義園の池のほとりには「茶屋」があります。500円を出すと抹茶と和菓子を味わいつつこういった風景をまったり楽しむことができます。(2007年5月20日現在)
ジャパニーズガーデン&トラディショナルグリーンティーという和文化に触れたいのか、園内には外国人の方も多く見受けられます。多分、日本を紹介するガイドブックに載っていたりするんでしょうね。駒込駅からならば歩いて5分くらいですから、お手軽に日本っぽさを味わうという意味では外国人の方にもオススメなのかもしれないですね。

池を中心にして作り込まれているこの庭園ですが、池回りだけでなく林の奥の小道も六義園の魅力のひとつだと俺は考えています。

園内には何箇所かベンチがあり小休止を取れるようになっているのですが、この日は池から一番遠いベンチでごろ寝を決め込んでみました。(寝転がれるようにベンチの作りも大きいのです。背もたれの無いフラットなベンチで、大きさはちょうど一畳くらい。カップルなんかは2人でくっついたまま横になってたりします。)
寝転んで脱力しまくったまま上に視線をやってびっくり。

六義園02

ああ、緑が輝いています(笑)
不意にルイアームストロングの『この素晴らしき世界』が頭をよぎりました。
でも残念ながら俺のi-podにルイアームストロングは入っていませんでした。(笑)

http://www.universal-music.co.jp/stream/ilovejazz/UCCU-1012_13_A_45s_NB.ram


↑ちょっとだけこの素晴らしき世界が聞けるのが落ちてました。曲を知らない方はドウゾ。(要リアルプレイヤー)


とにかく、俺を満足させるには十分すぎる庭園なのです。区内の庭園では浜離宮恩師公園も好きですが、六義園のほうがより庶民っぽい感じがあって個人的な満足度は高いです。

初夏の日差しを十分に堪能して本日の散歩はこれにて終了となりました。

総移動距離6キロ(地図上で計った目算値なので正確ではないです)
総移動時間7時間のショートトリップでした。


■参考までに
 【旧古河庭園】 北区西ヶ原1-27-39 TEL03-3910-0394
 【六義園】 文京区本駒込6-16-3 TEL03-3941-2222

  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://3pomaniax.blog116.fc2.com/tb.php/6-ed15a1b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。