上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回からの続き、深夜徘徊の魅力夜散歩のススメ後編です。
今回は商店街がたくさん出てきますので商店街マニアな貴方は必読ですね!(笑)



話は前編で書いた十条銀座商店街のくだりからです。


十条銀座商店街を初めて訪れたのはもう17~18年くらい前になるでしょうか?

地方から上京してきた俺は当時大学生であったため金は無いが時間だけは持て余しているステキライフを送っていたわけです。電車移動に金をかけるんだったらその分でおにぎりを1個買ったほうがいいと判断するようなアーバンなスタイルを貫いていたのです(笑)
今考えるとあの頃の生活のおかげで東京のいろいろな町の特色や空気感を知ることができたのだと思います。でもあの頃はデジカメはもちろん、携帯電話すら無い時代ですから当然歩き回った記憶は俺の脳にしか残っていません。残念だなぁ。


十条銀座商店街の夏
なおコレは2007年夏の十条銀座商店街。全長500mほどのアーケード商店街。便利。


そんなカツカツになっている俺の生活に役立ったのがこの十条銀座商店街のお惣菜屋やリサイクルショップや閉店間際のスーパーだったわけです。シャケのアラを山盛り150円で買ってきてガスレンジで焼いておかずにするような、そういった俺のアーバンなスタイルを支えてくれた商店街でした。(笑)
【夜散歩のススメ前編】で書いた、「夕方の商店街に現れるおでん屋台」の50円ちくわなんかもとてもアーバンでした。どの程度アーバンか気になる方は『十条 おでん 屋台』あたりでどうぞググってみてください。しびれるよ。(笑)


あ、脱線しました。修正修正。十条銀座商店街の詳しい魅力についてはまたいつかの機会に…。


今回は夜散歩の話でした。


十条は埼京線で池袋駅からたった2駅ですのでアクセスはらくちん。仕事終わりの俺でも選択肢としてチョイスしやすい場所なんです。

夜散歩が目的の場合、商店街の店舗が閉まっていてもさほど問題ではありません。下の画像のように人通りがなくなってしまった商店街と言うのも、普段とは違った味を出してくれるため、これはこれでアリだと考えています。


十条商店街


さて、十条駅から夜散歩を行う場合、ルートは2つ選択できます。
一方はこの十条銀座商店街を抜け、環七通りにぶつかったら左折。そのまま板橋本町を経由して南下するルートA
もう一方は本郷通りを南東に進み、王子に向かうルートBです。

十条からのルート

今回は少し長めのルートとなるルートAを選択した場合を見ていきましょう。


500メートルほどの十条銀座商店街を抜けるとこの通りはそのまま富士見銀座商店街となります。2つの商店街を合わせると全長は700メートルほどになるでしょうか?


富士見銀座商店街


富士見通りには活気のあるテイクアウト餃子屋や昭和の雰囲気が色濃く残る中華屋など見所がありますが、当然今回は夜散歩のため商店街は静かなたたずまいです。

そんな静けさを楽しみながら進んでいくと、商店街は大きな通りにぶつかります。

環状七号線、環七です。


夜の環状七号線


環七にぶつかったら左折。今度は進路を西に進めます。(環七で言うと高円寺方向っすね。)

さすがに環七は夜になっても車の通りが多く、それまでの雰囲気ががらっと変化します。ものすごい勢いで通り過ぎていく大型トラック、高層マンションの蛍光灯or白熱灯による部屋ごとの光色の違い、客の誰も入っていないラーメン専門店、道端に落ちているボロボロになった軍手…。

そういったものを楽しみつつ、歩くこと1.5km程。

環七は白山通り(国道17号線)とぶつかります。そう、板橋本町です。

実はこの板橋本町、俺が大学生の時、18歳~22歳の4年間住んでいた町でもあります。
当然この町のいろいろなところに思い出が残っているワケです。マンガをよく買った古本屋さんだとか、愛用していた定食屋さんだとか、個人経営の元酒屋さんのコンビニとかね。

下の画像もそんな思い出のうちのひとつ。
仲宿商店街にある銭湯・・・・・・


仲宿銭湯01


・・・・の横にある小さな売店。


仲宿銭湯02


いや~、しびれるわ~。
ここはたっぷり思い出が残っている場所です。夏にはカキ氷、冬にはたいやきを買ったり、おにぎりやおいなりさんもよく買いました。何故ここを利用していたかと言いますと、


仲宿銭湯03
※拡大確認推奨


安いんすね(笑)
のりまき50円、だんご60円、おいなりさん70円といった具合。
夕方は小学生たちの溜まり場になっていたりします。(笑)
人間てのは古い記憶をよみがえらせるという行為に快感を覚えるのだとつねづね思っていますが、この板橋本町エリアは自分にとってまさにそんな場所。いつ来てもあったかい気分にさせてくれます。

ちなみにこの仲宿商店街の銭湯のあるすぐ近くには石神井川が流れていますが、ここから王子まで川沿いが遊歩道になっており、3月中旬ごろにココに来るとものすごくファンタジック桜並木を拝むことができます。板橋区で桜と言ったら個人的にはこの石神井川沿いがベストです。散歩好きな練馬区、板橋区、北区あたりにお住まいの方は是非行ってみることをお勧めします。


さて夜散歩の続き。
仲宿商店街は板橋本町から都営三田線の板橋区役所前駅辺りまで1.2kmほど続く商店街となります。ここはもともと中仙道だった通り。いわば街道筋です。
実は巣鴨駅から伸びる巣鴨地蔵通り商店街をまっすぐ北に向かって進んでくると、板橋の宿を越えてここ仲宿に到達するのです。(なお巣鴨~板橋本町までは4kmくらいです)
旧中仙道だっただけに、道端にはたまにこんなものもあります。


仲宿は旧中仙道


一応、「ここは仲宿であるのだぞ!」という主張はされていますが、それが商店街の活性化につながっているのかと問われれば、、、、、う~ん、どうなんでしょうかね?(笑)ほんとうにたま~にですが、街道筋を感じさせる建物もありますが。

そんな仲宿商店街をどんどん南下します。
商店街の真ん中辺りにはスーパーの「ライフ」があります。これもよくお世話になった場所。


仲宿ライフ


懐かしさをかみしめながら南下を続けます。


仲宿商店街02


さすがに時間は午前0時を回っていますので商店街には誰もいません
このような昼間との差異もまた夜散歩を楽しむポイントの一つだと思うのです。
うむ。いいなぁ、深夜の商店街は。(笑)


仲宿商店街の終わり(始まり?)まで来ると通りは国道17号線、現在の中仙道にぶつかります。
そのまま17号を2km程南下すれば俺の住むエリアに到着となります。
この辺りまで来るともう文字通り本当のホームタウンになるので迷うことはありません。
住宅街や、普段はまず通る必要の無い道をセレクトして自宅に近づきます。

この「普段はまず通る必要の無い道をセレクト」するという行為が結構大切なことで、この行為のおかげでとてもすばらしい裏路地風景に出会えたりします。

自宅から500mしか離れていないのにこんな風景があったのか!という気持ちを抱くことがよくあるんです。
下の2枚もそんな出会いでとらえた路地。これもやはり夜にしか見れない風景ですね。


夜散歩しながら自宅を目指す01


夜散歩しながら自宅を目指す02


こういった住宅街や裏路地を抜けて午前2時とかに自宅に戻ってくるわけです。
これが俺の東京ライフスタイルです。このエリアの楽しみ方です。


なお、それ以外にも俺がよく夜散歩に使う商店街には・・・・


夜十条
十条演芸場通り商店街や・・・・

※演芸場通り商店街URL
http://engeijou-st.jp/map/street-map.html
なお、この商店街には「城北エリアではいちばん美味しいうどんを食わせる店」と評される讃岐うどん屋があります。
それはコチラ ↓ うどんの「すみた」
http://engeijou-st.jp/map/shop_sumita.html



夜東十条
東十条銀座商店街や・・・・

※東十条銀座通り商店街URL
http://www.kitanet.ne.jp/~hjnet21/



夜大山ハッピーロード
東武東上線大山駅前
ハッピーロード大山や・・・・

※ハッピーロード大山URL
http://www.haro.or.jp/



夜赤羽
赤羽一帯なんかもあります。

なお、赤羽はかなり大きな街で、複数の商店街が集まってひとつの街として構成されています。

※詳細はここ↓で確認できます。
赤羽商店街連合URL
http://ukima-chuuou.o-ji.net/


酔っ払い天国(笑)としても有名な赤羽ですが、それはたいてい上の画像のOK横丁一番街のことを指します。

赤羽についてはこの他にも魅力がたくさんある街なのでまた別途散歩レポしたいですねー。


それでは最後に一枚、2008年10月の夜散歩の際に俺が「きれいだなぁ」と感動した風景で今回は閉めましょう。
場所は豊島区雑司が谷近く。目白通り明治通りが立体交差している『千登世橋』(ちとせばし)上から明治通りを眺めた風景です。


千登世橋から明治通りを眺む


VIVA夜散歩!だね。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
 ↑いいね夜の東京散歩!と感じてくれた方はポチリとお願いします。


03.01 (Sun) 19:46 [ 夜散歩 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://3pomaniax.blog116.fc2.com/tb.php/30-1187d4af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。