上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台湾旅行記も更新しつつ、今回は7月最終週の散歩レポです。日付は7月26日(金)に戻ります。

夏真っ盛り、世間では学生達の夏休みも始まり、俺も街をちょいとブラついているだけでわくわくしてしまう季節です。
俺が働いている街「恵比寿」はそんな俺を更に盛り上げるがごとく、こんな風貌を見せてくれていました。

7月最週末の恵比寿は祭りモードでした

夏ムード爆発ですね(笑)
写真なので伝わりませんが、もちろんお囃子も流れているワケで、それはもううっかり気を弛めていると不意に涙を流してしまいそうなパワーを生み出していました。琴線にふれまくりなのです。

しかし本日の俺こと闊歩マン、夏祭りを堪能しようというモードではないのです。
本日のテーマは『他人の家をホテル気分で利用してみよう』という部分にあるのです。これだけでは何の事やらさっぱりですね。もう少し詳しく説明をしましょう。

実はこの日、国分寺に住む友人から留守宅をあずかってくれと頼まれていたのです。
友人はこの週末に行われるフジロックフェスティバルを楽しむため、既にもう東京を発ってしまっていたのですが、彼の家ではネコを飼っているのです。で、2晩ほどそのネコの世話をしてくれないかとの依頼を受けたのです。
ならばこの週末は一人で国分寺周辺を歩き回って楽しもうという魂胆を持ち、友人の家をホテルのように利用してしまおうと考えたわけです。

そんなこんなで仕事が終了してから自宅には帰らず、そのまま国分寺に向かう形となりました。

国分寺に着いたのは23時を回ろうかという頃。
あまり飲食店も開いていなかったため、どこでもいいや、という適当な気持ちで友人宅の近所にあるサイゼリヤに直行。

西国分寺のサイゼリヤで遅い晩メシ

サイゼリヤで夕食を食べているだけなのですが、あまりなじみの無い街に一人きりでいるというシチュエーションが気分を盛り上げてくれます。近所を散歩するのとは少し異なった、旅にも似た感情の高ぶりと言うんでしょうかね。俺にとっての国分寺というのはまだまだ知らない土地なのです。(ちなみに国分寺を訪れたのはこの日で3度目でした。)

食事を終え、友人の家を目指すのにも『あれ?家ってどっちだったっけ?』としばし考えてしまうようなトリップ感を楽しみつつ、真夜中の国分寺をゆったりと進んでいきます。

10分ほど歩き、友人宅に到着。
あらかじめ借りておいた合い鍵で鍵のかかったドアを開けます。
すると出迎えてくれたのは、、、、、、、、

友人の飼い猫01

ミャーッ!
友人の飼いネコです。これは喜んでいる顔ではなくて、多分警戒している顔です(笑)
いきなり飼い主ではないヤツが家に入ってきたのでびっくりしたのでしょうね。害の無い人だというのが伝わるまでに1時間ほどかかったでしょうか。
眠くなったのでそろそろ寝ようかなと、ふと後ろを振り返ると、

友人の飼い猫02

なんだよオイ、カワイイじゃねーか!ネコすっかりリラックスモード。
あははは。いいね。ネコ最高。すっかりネコにやられてしまいました。おもわずおやつのササミあげちゃったよ(笑)

ネコとじゃれながら満足顔でこの日は就寝。
このとき楽しんでいた気分を言葉で表すとすれば『ペットと泊まるリラックスできるホテル』ってな感じでしょうかね。とにかく満足度の高い時間でした。



さて翌朝。



ネコとまったりしつつ起床。さてどこに行こうかと、しばし長考。
とりあえず近場の街に出て見ようかと考え、友人の自転車を操り一路国分寺駅前へ。

そしておなじみの作戦会議なのです(笑)

スタバ@国分寺

今回用意しておいた地図は『大きな字の地図で東京多摩歩こう(人文社)』なのです。これのおかげでチャリ散歩していてもぜんぜん迷いませんでしたね。俺が数個もつ歩き用地図のなかでもオキニイリの一冊です。

この地図とにらめっこをしながら目的地に定めたのは、、、、、

スタバ@国立

国立でした。
国分寺駅からだと道のりで4kmくらいでしょうか。

その道のりを自転車でゆったりと移動。
真っ黒に日焼けした夏休み中の小学生たちが俺の横をすり抜けていきます。花火、浴衣、スイカ、かき氷、プールといった夏アイテムと同じように、この光景はかなり俺の中の夏気分を盛り上げてくれました。

真夏の炎天下、ニヤニヤしながらチャリンコでフラフラと国立を目指す33歳成人男性です。(※)はたからみるとかなり異質な雰囲気がでちゃっているんでしょうねぇ(笑)でもしかたがないのですよ。例えばサッカーファンが好きなチームの試合を見ている最中とか、ディズニーファンがディズニーパレードを見ている時間だとか、鉄道ファンが開業初日の一番列車に乗ろうとしている瞬間だとか、そういったものと同義なワケです。なかなか理解はしてもらえないけどなーっ!わはは。
※2007年11月11日現在、自分は34歳ですが、7月の時点ではまだ33歳でした。


そんなまったり移動で時間は既に13時。ようやく国立に到着しました。
国立を訪れるのはこの日で2度目でしたがやはり前回同様『都市計画がしっかりされているなぁ』という印象を持ちました。

さてさて、朝からの長距離移動でおなかはペッコペコです。食事できそうな場所を探しながら移動していると、、、、、、、お、雰囲気の良いカフェを発見しましたよ。昼食はココにしましょう。

スコール

国立にある『SQUALL(スコール)』というお店です。店内はガンガン冷房がかかっているのではなく、夏の空気をそのまま楽しめるオープンな感じでした。とても気持ちよかったですねー。

スコールでランチ。エビチリボウル。

しらがネギとパクチーをちらしたエビチリボウルと黒ビールでひとりチアーズです(笑)
食後のコーヒーも含め、2時間ほどこの空間で過ごしました。必要以上に接触してこない店員さんも好感度が高かったです。(サボっているという意味ではないですよ。お客の個人の時間を尊重してくれるという意味です。俺はカフェや喫茶店などの、ある意味『雰囲気』を売っているお店ではコレが重要なポイントだと考えているのです。)満足満足。

SQUALLを後にし、1時間ほど国立駅周辺を散策し、その後わざと路地裏に入ったりしながら2時間かけて友人の家に帰宅。いやあ、やはり国分寺、国立エリアは素敵ですねぇ。
東京に住み始めて16年目にしてやっと多摩エリアの楽しさが分ってきた、、、のかな?(笑)

今後もこのエリアには何度も足を運ぶことになるのですが、その詳細はまたの機会に。

友人の家に戻った俺は、この日もネコと遊んで夜をすごしました。



で、次の日。7月28日(日)。
この日は友人が帰ってくるという日でしたが、俺は友人が帰宅するよりも一足早く自宅に帰る形となりました。また会おうな、ネコ!

友人の飼い猫03


昼前に友人宅を出発し、俺のホームタウンのひとつ、池袋を目指しました。
実は池袋に、以前から行ってみたいと思っていたカフェがあり、この日なら時間が取れるので行ってみようと計画を練っていたのです。

訪れたのは池袋西口、マルイよりも少しだけ立教大学よりの辺りにある『Kanon(カノン)』というカフェでした。

池袋kanonでランチ

何故ここに行ってみたかったのかと言いますと、、、、、、

池袋kanon内部02

コレわかりますか?このカフェは靴を脱いで店内にあがってくつろぐタイプのお店なんです。その感じを体験してみたくて訪れてみたんです。

店内はこんな感じでした。

池袋kanon内部03


悪い雰囲気ではなかったですし、ランチメニューで選んだビーフシチューもおいしかったのですが、なにぶん前日にあまりに自分の感覚にマッチするカフェに偶然出会ってしまったものですから、少々感動は薄かったというのが正直な感想でした。

ランチを終え、そのままサンシャイン方面に移動し、池袋散歩を楽しんで2007年7月の最終休日は終了となりました。

池袋サンシャインシティの夕暮れ

総括としては、大変満足のいく2007年7月のシメの休日でした。充実していたなぁ。

このようにブログにも記録できましたし、俺の記憶にはかなり印象深く残り続ける7月となるでしょう。感謝感謝。

  
コメント

ご友人宅のお留守番、楽しまれたようですね。
私もそういうシチュエーションにはワクワクしてしまいます。
ネコちゃんも可愛いですし、エビチリボウルも美味しそうですね。
多摩方面の地図も興味深いです。
私の持っている東京地図は多摩方面をカバーしていないので是非購入してみたいと思います。
---------- igu-kun [ 編集] URL . 11/22, 22:48 -----

書き込みありがとうございます。
はい、留守宅を我が物顔で楽しんできました!自分は生き物が好きなのでネコと過ごせた時間はたのしかったですね。
多摩方面の散歩も楽しいですよね。あの地図はなかなか使えるやつです。でも最近は書店では同じシリーズの区内のバージョンのやつしか見ないですね。2008になったら新しい版がでるのかなぁ?
---------- 闊歩マン [ 編集] URL . 11/23, 11:15 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://3pomaniax.blog116.fc2.com/tb.php/18-ae1df101
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。