上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
消えゆくもの【03】北区滝野川6丁目、旧中仙道沿いの古民家



先日自宅に帰る折、JR板橋駅から旧中仙道を巣鴨方向に歩いていた。慣れた通りをいつものように歩いていたところ、その衝撃は突然やってきた。


以前のエントリー『東京湯族(Tokyo 湯 tribe) 【4】北区滝野川・稲荷湯』の中でも取り上げた、とても気に入っている古民家があるのだが・・・・


以前にも紹介した滝野川の古民家


これが消滅していた。


この日もいつものようにその建物の「わびっぷり」を楽しもうと目を向けたところそこに既に建物は無く、空き地が広がっている様が飛び込んできた。俺は何故このような風景がここにあるのかしばらく理解できなかった。


なんと建物が消滅していた


『東京湯族(Tokyo 湯 tribe) 【4】北区滝野川・稲荷湯』のエントリー後半でも少し触れているのだが、北区滝野川6丁目は現在大きく開発されている地域でありそれまでにもいくつかの古い建造物が解体されていたのだが、6丁目でも5指に入るような見事なこの建物が解体されるなど微塵も思っていなかった。



「無くなってしまった!」と理解し、5分ほどその場に立ちつくした。



この建物の前を通るたびに「ああ、ここは街道筋だったのだな」という想像を掻き立てて楽しんでいた。この建物がここに存在している事で昭和以前の通りの様子をなんとなく想像できる、とても大切なポイントであったのだがついに2010年11月に消滅してしまった。


この建物の在りし日の姿が何枚かハードディスクに残っている。また建物だけでなく、柱に取り付けられた年代もののプレートなども撮り残してある。それらの画像を以下にアップしてデータに残しておこうと思う。プレートなどはこの地域の歴史資料としても有用であるかと思う。


※以下に並べる画像以外にもこの建物を画像に残しているのですが全てをすぐに発見できませんでした。今後この建物の画像が見つかった際にはその都度このエントリーに足していきます。



まずは建物の外観から。


在りし日の滝野川6丁目古民家


在りし日の滝野川6丁目古民家


在りし日の滝野川6丁目古民家


滝野川6丁目古民家


在りし日の滝野川6丁目古民家


そしてこの建物で見どころになっていたのがライフラインのプレート群だった。


滝野川古民家プレート  滝野川6丁目古民家プレート


1軒の建物にこれだけ多くの種類が残ることは稀である。ここはレアなプレートがたくさん残っているスポットでもあったのだ。例えば・・・・


滝野川古民家プレート


『関配』と書かれているのは「関東配電」の略。この北区滝野川地域には昭和26年まで関東配電が電気を供給していた。番号が非常に若い事からこのお宅は周辺地域でも優先して電気を引く事のできる財力を持っていたのだと推測される。


滝野川古民家プレート

東京ガスの古いプレート。このプレートがいつ頃まで一般民家に付けられていたのかは不明だが、この赤い星マークにGのデザインは1985年に現在の東京ガスロゴマークに変更されている。

滝野川古民家プレート


これは何を表しているプレートなのか不明。錆び方を見るとそれなりに古いもののようだ。


滝野川古民家プレート


コチラの住所プレートもかなり古い。北区の「區」の文字が旧字体である事を考えると戦後の区画統制があり、東京都が23区制になった昭和22年頃のものかもしれない。


滝野川6丁目古民家プレート


散歩をしながら古民家を良く眺める俺だが上のタイプのプレートはこの民家でしか見たことが無いものだった。多分これは東京が35区制でこの辺りが「滝野川区」であった時代のものではないかと思われる。滝野川区ができたのは昭和7年のこと。もしこの想像が正しければ戦前からこの建物は滝野川にあったものと言う事になる。

※2011年5月8日追記
後日調べたところ、この建物は大正初期の建築で瀬戸物を扱う商店だったそうだ。この建物の建築年が大正元年(1912年)だとすればほぼ100年間この場所にあり続けた存在だったわけだ。



滝野川6丁目民家の軒


このようにメッセージがたっぷりつまっていたこの古民家がこの世から姿を消してしまったのだ。


無くなってしまった6丁目の古民家


無くなってしまった6丁目の古民家


解体工事を進めるその脇には人が住んでいた形跡も見られた。


無くなってしまった6丁目の古民家


忘れられたようにポツンと祠(ほこら)が残されていた。解体を待つだけとなった祠を画像に収めてその場を後にした。


無くなってしまった6丁目の古民家  無くなってしまった6丁目の古民家


不自然にできた空き地は想像以上に広く見えた。やはりここにもマンションが建つのだろうか。


無くなってしまった6丁目の古民家


敷地内にあったこの柿の木もすでに無くなっていることだろう。


滝野川6丁目の景観は目まぐるしく変化している。そしてその変化のピークはまだこれからである。




※この滝野川6丁目地域の地域色を知りたい方は以前のエントリー『東京湯族(Tokyo 湯 tribe) 【4】北区滝野川・稲荷湯』が参考になるかと思います。




にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

滝野川を実際に見てみたいな、なんて感じてくださった方は是非ポチリとお願いします。


スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。