上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回からの千住散歩の続き。
時は2009年12月2日水曜日の記録である。



宿場町の名残りを楽しみながら千住エリアを歩き回ること約2時間。
だいぶ日も暮れてきた。

千住宿場町通りを後に、以前から狙いをつけていた銭湯に向かって移動を始める。


宿場町通りの北端から進路を西へ。
沈む太陽を追いかけるように歩みを進めていく。

250mほど進むと国道4号線。
4号の下をくぐるように更に西に向かっていく。



日光街道の下をくぐり西へ



かばんからもう一度地図を取り出して確認すると、ここから600mほど西方向に道が続いている。千住住宅街の路地を歩くというシチュエーションに気分が高揚してくるのが分かる。

わくわくしながら目的地に近づいていく。



と・・・・・・

この辺りで周囲の景色の変化に気が付く。


日が暮れる時間帯の千住散歩



進む道のはるか先に沈みゆく太陽。

暗さの増してくる空。代わりに輝きだす電気の明かり。




夕暮れの千住を歩く




なんだろう、さっき宿場町通りを歩いていた時とは全く異なったこの空気。

闇に包まれる町と、夕焼けに染まる空、そして輝く電灯(もしくはダイオード)

それらのバランスが混ざり合い、辺りにとても非日常的な雰囲気を作り出していた。




千住寿町39




進む俺の目に『ニコニコ商店街』という名の虚構のような商店街が現れる。

個人的な感想で言えば「迷い込んだ」と表現したい。



ニコニコ商店街の始まり




そこは夢なのか現実なのかが一瞬分からなくなってしまうような空間だった。


いい雰囲気だなぁと、進む道の先に目をやった瞬間、素晴らしい光景が待っていた。

そこで写したのが以下のショット。


是非画像をクリックして、高解像度版で楽しんでいただきたい。









これが「2009ベストオブスペイシー商店街」だ



これだ、なんというスペイシーさだろうか。

青、紫、赤のグラデーション。はるか先まで続くグリーンの街灯。そしてそのグリーンに染まる町。

「千住中央診療所」の看板までグリーンに光る。Sをデザインした背景に立つ人々のロゴもまるで宇宙アカデミーのようじゃあないですか!


ここからの300mのほどが、2009年に俺の心を最も揺さぶった路地となった。

住所はこの辺り。


異空間千住



もうどこを切り取っても画になってしまう。

例えばこんな。 ↓




幻のようなニコニコ不動産




「ニコニコ不動産」である。


またしてもカンバン緑だし!

きっときちんと探せば日本のどこかに「ニコニコローン」も存在するのだろう・・・・





下校する小学生もほらこの通り。完全に異空間に迷い込んだ感覚だった。




帰路に着く小学生@千住




この空気感に包まれたままどんどん銭湯に近づいていく。



ニコニコ商店街中ほど。もちろん頭は3ケタ表記だ。



左右に目をやれば昭和の残る町並み。



「昭和」フィールがぐっと来る



スペイシーな空間にすっかり心がやられてしまっている。なんて魅力的なんだ!


雑貨屋も魅力的に見える


雑貨屋の店先に並ぶ商品もこの通り。


カラーチョイスもバッチリ(笑)


まるで「Tide」のような存在感のキーピングである。


Tide


いや、俺にはそう感じられたんですってば!(笑)





そんな情景を楽しみながらにやけヅラで商店街を歩いていくと・・・・

お・・・・・・



目的地が見えてきた



あ、あれかな?



千住「タカラ湯」に到着



到着!来ました、ココ。
今回の散歩の目的の銭湯、「タカラ湯」



ギリギリ日が暮れる前の到着ゆえ建物横方向からの全景も収めることができた。



タカラ湯全景



住所はコチラ。 



タカラ湯の住所はコチラ



見上げればこの彫り物。見事だわ~!


見事な宝船


なんだか東京っぽさというのか、いや、千住っぽさと言ったほうが的確か。そういう意気込みが感じられる。


木目を生かしたその彫りにうっとり


職人がこだわりを持って彫った感じと言えばなんとなくニュアンスが伝わるだろうか?


タカラ湯の宝船をしばし堪能し、建物の中へ。



タカラ湯にお邪魔する



こちらの銭湯に以前から来たいと思っていたのには理由がある。
この銭湯には立派な観賞用の庭があるのだ。
湯で温まり、まったりムードで庭も楽しもうとそんな狙いだ。


綺麗な店内



銭湯自体の造りは決して古くない。昭和60年代か平成の初期頃に改築されて現在に至っている感じだろうか。(全くの憶測です)

天井も高く、立派な造り。これがあと60~70年くらい維持されれば、さぞ素敵な味が生まれてくるんだろう。



天井が高い。立派。


いそいそと服を脱ぎ、ロッカーに押し込むと湯気の中に飛び込んだ。

カコーンと小気味良い音を放つ「ケロリン」にうっとりしながら、歩き回って疲れた体を湯に浸す。

※ケロリンマニアなあなたにはこんなURLをプレゼント。ケロリングッズがあるんだそうな。
http://www.mintworks.com/mutuwa/



熱湯好きの自分にも少々熱く感じられる湯温。そんなところにも「下町っぽさ」を感じてニヤリ。



熱めの湯を楽しみ、銭湯アンビエントを楽しみ、ひとまず湯からあがる。



熱い体のまま縁側の長椅子にどかり。



熱い湯につかった後は縁側から庭を楽しむ



さあ、庭を楽しもう。



タカラ湯の庭_01



散歩して、風呂に入って庭を鑑賞。贅沢。



タカラ湯の庭_05



ものすごい脱力感。和っチルだ。

※和っチル=日本情緒を感じながら脱力感に浸るチルの事。



タカラ湯の庭_03



タカラ湯の庭_04



タカラ湯の庭_06




タカラ湯さんありがとう。堪能させていただきました。



最後に自分の記憶に残すための記念撮影。




記憶に残すための記録完了




鏡の中の自分を激写(笑)
これでこの日のタカラ湯のことは忘れない。



タカラ湯ディテール




陽もとっぷりと暮れた千住の町に再び踏み出す。


月夜と雲がなんとも味を出す。



タカラ湯を後に再び路地へ



目の前にある個人経営の電気屋さんを覗けば・・・・・・・



異常にテクノなギア。何に使うものなのかはサッパリだ。



このテクノっぷり。
いったい何に使うための機材なのかさっぱりだ。上のキューブは何かのタイマーですか?
なんて80'sなんでしょうか。いかしてますね。




帰宅のため、足を北千住駅方向に向ける。


千住「おおもん商店街」_01


駅に向かうために通りぬける商店街もイチイチ魅力的。千住パワーにあふれている。


千住「おおもん商店街」_02


千住「おおもん商店街」_03



駅までの途中にある「氷川神社」(@千住三丁目)の造形を楽しみながら一休み。


千住「氷川神社」_01



お社もとても手が込んでいる。



千住「氷川神社」_02


うむ、職人技ですなぁ。


千住「氷川神社」_03


この辺りまで来るともう駅は目の前。

前編で歩き回った本町通り商店街も夜の装い。


夜の本町通商店街


昼間には見えなかった千住が見えてきた。


昼間には気がつかなかったいかしたロゴ


夜の北千住駅前


夜の北千住繁華街



北千住駅前の夜の雰囲気を楽しみ、本日の散歩は終了。


「やはり千住(&足立区)は面白い」と再認識する今回の散歩となった。



千代田線で町屋を経由し、都電にて帰宅。



都電にて帰宅





にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
機会があれば千住に行ってみるのも悪くないかと思ってくれた方は是非クリックを!



スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。