上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前編からのつづき。

東京スカイツリーの建設予定地となっている墨田区曳舟および向島エリアの『2009年の様子』を目に焼き付けておくため、東武伊勢崎線東向島駅から、目的地を『鳩の街商店街』に定め、本格的に 不審な徘徊 昭和テイストの探訪が始まります。




昭和散歩マニアな方には説明の必要はありませんが、このエリアは作家「永井荷風」が昭和初期に濹東綺譚(ぼくとうきだん)の中で著していた地でもあります。
濹東綺譚は現在の向島あたりにあった花街のことを書いた作品で、当時流行していた「カフェー(現代の表現だとキャバレーとか風俗店に近いニュアンス)」に荷風が足しげく通っていた様子が書かれています。


濹東綺譚の説明については詳しくはwikiにゆずりますが、現在の向島にもほんの少しだけ当時のカフェーだった建物が残っているそうなのです。


昭和一桁の時代に建てられ、東京大空襲を乗り越え、バブル期の土地開発にも負けず、21世紀まで奇跡的にその姿が「かろうじて」残っているなんて・・・・。




そんな文化の痕跡も見ておきたいという欲求も抱えつつ、『鳩の街商店街』に足を向けます。





「ぼくとうきだん」ってなぁに?ってあなたにはこのリンクをプレゼンツ!
ウィキペディア「濹東綺譚




「アウェイを歩く 【墨田区向島・前編】」の終盤でも触れましたが、この辺りの建物の雰囲気の中を歩いているだけで既にテンションがあがってしまっています。

そんなイカシた風景を味わいながら『鳩の街商店街』に到着。


鳩の街商店街:入り口




『鳩の街商店街』に一歩足を踏み入れた瞬間・・・・・



鳩の街商店街01



道幅せまっ!


これが鳩の街商店街の第一印象でした。(笑)
道幅は3mといったところでしょうか?自転車同士がすれ違うのにも少し気を使ってしまうような幅です。よくぞまあこんな通りが開発されずに残っていたもんですねぇ。

ワクワクしてしまう気持ちを押さえつけ、冷静を装いながらいよいよ『鳩の街商店街』の散策開始です。







商店街の入り口から20mほどの地点。蕎麦屋が俺を迎えてくれます。


鳩の街商店街02


どうよこの構え。いつからこの地で『蕎麦屋』をしているんだろう?すげーなー。


鳩の街商店街03


もうのっけから俺の心は持っていかれっぱなし。目に飛び込んでくる建物のほとんどが魅力的です。








「ウェルカム蕎麦屋」の見事な掴みに感動しながら商店街を進みます。


鳩の街商店街を行く01


見えてきたのはカフェ。「カフェー」ではなく「カフェ」。現代の純喫茶ですね。
でも現代とはいっても昭和50年代位から続いていそうなツラ構え。こういった喫茶店を見るとナポリタンが食べたくなるのは俺だけでしょうか?(笑)


喫茶エデンを通り過ぎ、20mほど。


おおおお、こりゃまた見事な遺産!


鳩の街商店街を行く03


「NY」がなくなっちゃってますよ。痺れるわー。

軒先に注目すれば「ベータマックス」の文字。いやぁ、ベータが分かるのって今何歳くらいの人まででしょうかね?


鳩の街商店街を行く04
※道幅があまりに狭いため、正面からだと建物の全景が収まらない






そんな部分からも『昭和』を色濃く感じつつ・・・・




『SO』の電気屋をあとに、進むこと30mほど。


鳩の街商店街_写真館01


わー、こりゃまた洒落た建物がありますねぇ。明らかに一般家庭ではない様相。
何の建物だ?と、入り口らしきドアを覗き込むと・・・・


鳩の街商店街_写真館02



へぇ、写真館ですよ。



古さがかもし出す雰囲気、現代ではあまり見ない建築様式、よしずが新しかったり植物が手入れされている部分から見える人の生活感。
そういったものがうまく交じり合って「味」を生んでいました。以前板橋の『小豆沢(あずさわ)』あたりを歩いた際に年季の入った重厚な写真館を見ましたが、それとはまた違った味が出ていますね。ニヤリニヤリ。


こういったものを見逃さないよう、辺りをじっくり観察しながらゆっくりと歩みを進めていきます。たまにすれ違う地元の方は若干怪訝そうな顔つきで俺を観察しています。

が、こういうとき変に「いそいそ」してはいけません。何も悪いことはしていないのですから、どっしりと構えるのです(笑)


有名な観光地を眺めるがごとく、商店街の散策を続けます。


鳩の街商店街を行く05


通りにはいくつもの古い建物が取り壊されずに残っています。もともとはこれらはどういった用途でいつ頃に建てられ、どのような人が住んでいたのでしょうかね?

こんなのとか 


鳩の街商店街を行く06



この通りにいるだけでどんどん想像がふくらみます。見事に俺の『ツボ』に入りました。






はたしてコレは平成なのか?昭和なのか・・・・・・・?












どう見ても昭和だよ!





鳩の街商店街を行く07


商店街を中ほどまで進むと営業中の商店がみえてきました。
古い建物ばかりに目が行きますが、鳩の街商店街はきちんと商店街としても機能しています。現在進行形の商店街なのです。


たとえばおでんダネ屋さんや・・・・


鳩の街商店街を行く08


天ぷらお惣菜やさんや・・・・


鳩の街商店街を行く09


『魚金』なるイカシタ魚屋さんなどが俺の目を楽しませてくれます。


鳩の街商店街を行く10


いいねぇ魚金。コレ見てくださいよ。


鳩の街商店街を行く11



いい、いいですよ!俺大興奮(笑)

しかもこの店先にあるラジカセ。


鳩の街商店街を行く12


なんてオールドスクール!なんてエレクトロ!(笑)



完全に時代は昭和です。
イスギ(良すぎ)です、イスギ!



さらに進めば鶏専門店の『マルミチキン』


鳩の街商店街を行く13


時間が少し早かったため、残念ながらお惣菜は出来上がっていませんでしたがそのメニューの多さに脱帽。


鳩の街商店街を行く14
※クリックして画像拡大のうえメニューをチェックだ!


店のおばちゃんに聞いたところ夕方5時くらいに来れば、おおよそ8割方惣菜は出来ているのでそのころ来るといいよ、とのことでした。今回は時間が合わず断念。



見所はまだまだありますよ~。進むごとに素敵な商店が現れます。


鳩の街商店街を行く15


生活用品を扱う雑貨屋さんもこんな感じ。「たばこ」フォントもイカシてます。


鳩の街商店街を行く16


これスゲーな~!この味は人為的には作り出せないですよ。

年月を経た事でしか出せない味というんでしょうかね。

「この商店ができて以来、のべ何人位の人がここで買い物をしたのか?」とか、
「太陽光によって色素が飛んでしまっているPOPについて。」・・・・とかね。

興味津々。







そんな中、ふと路地の奥に目を向ければ・・・・・・


鳩の街商店街を行く17


これでもか!というくらいに密集した民家の奥に、背の高いマンションの姿。


鳩の街商店街を行く18


生活と開発の狭間にある風景がまた飛び込んできました。なるほど、このバランスが2009年の向島なんですね。







ビルド&デストロイ。
建設と破壊。痺れるわ~。






複雑な気持ちで商店街を先に進むと喫茶エデンの他に喫茶店がもう一軒ありました。
COFFEE&SNACK『Start』


鳩の街商店街を行く19


いやー。どの建物も魅力でいっぱい。好き者にはたまらない聖域ですね、これは(笑)







で・・・・・・


こっちの建物は?




むむ?この建物は・・・?




お米屋さんか








くそっ!なんという商店街なんダッ!(笑)








見よ!このエンターテインメントぶり!





お米屋さんだ!お金持ちそうな感じダッ!



ふむ、よくみると近年、手入れされた模様。「商店街の色を壊さずにこの雰囲気を残したい」という店主の想いが伝わってくるようですね。
荷風の「濹東綺譚」の中にはこんな表現があります。





この盛場では、組合の規則で女が窓に座る午後四時から蓄音機やラディオを禁じ、また三味線をも弾かせないと云う事で。




なるほど!こういう感じで目抜き通りに面した建物の2階の窓から往く人々に声をかけていたおねえちゃんがいたわけですね。





そういった視点で見ていくと




「案外この建物ももともとはカフェーだったのかな?」と思える建物がチラホラ。





ほら、牛乳屋さんもこの通り。
2階の形状とかね。




こんな牛乳屋さんを見たのは齢36にして初の出来事(笑)





さらに進むと・・・・・

おおおっ?
この建物は・・・・・・え?






そしてこの建物は?







なんだろう?



何屋さんだ?わからない・・・でも惹かれる。





なんとなく「理髪店」っぽくはありますがどこにも理髪店とは書いてありません。入り口らしきガラス戸を見れば『柳澤・柳澤』の文字。






って、おや?柳澤?



よくわからないけど民家?なのか?




あれ?え?これは民家・・・・・?ですか?





もともとは何らかの商店を営んでいたお宅がお店をたたみ民家になったというパターンでしょうか?ものすごいインパクトです。



と、ここであることに気が付きました。
ここに注目してください。建物の下方、足元辺りです。






「柳澤」な建物







見つけた、タイル張り!





今回この『鳩の街商店街』に来るにあたり仕入れておいた情報によると、「カフェー」だった建物にはタイルが使われていることが多いとのことなのです。ということは、もしかしたらこの建物は昭和初期に建てられ、もともと建設当時はカフェーとして使われて、改築を何度も繰り返し、このような姿になったのかもしれませんね。







このエリアは細かな裏路地にもオイシイところがもっとあるはずです。


商店街となっているメイン通りを一本外れて歩いてみると・・・・




横道にそれてみる





2009年向島。あと何年存在できるのか?





うわー、これすげーなー!




2009年向島。これが生活の中にある。





ほら。二階の丸窓の奥からおねえちゃんが覗いている姿、なんてのが余裕で想像できちゃいますよ!



スゲーなー。
まだこんな雰囲気が残っているんですね。



自分が歩き回っているメインエリアの北区、板橋区、豊島区の辺りは戦火に遭ってしまっているせいなのか、ここまで古い建物はあまり残っていないんです。「古い」のレベルが違うと言ったらいいのか、俺のホームエリアの平均的な古い建物は昭和30年代以降の高度経済成長期に建てられたものが多いのです。もちろん、歴史建造物だとか記念碑的な存在として明治や昭和初期の建物が残されてはいますが、もはやすでにそれらは「記念碑」であり、人々の生活の中にはないんですよね。


ところがここ向島は違う。こういった建物に現在もどなたかが住んでいるのです。2009年のリアルトウキョウ。


なくなる前に体験できてよかった。いや、本当に。



にやけヅラで散策は続きます。
おお、この建物は何だろう?



こんな造形も。イカス!




1階のガラス戸は後年になって付け替えられたものでしょうが、建物自体はかなり古いですね。この円柱を見るに、何かしら商売をしていた建物のように思われます。いい味だ。
住宅街の裏路地でカメラを片手に10分ほどボーっと建物の造形を楽しみます。怪しいことこの上ないです。「空き巣の下見」とか思われても文句は言えないなぁ。(笑)




さらに裏路地を歩き回っていると・・・・




お、こっちにも見つけた。円柱。




おお!見つけた。これでしょ!カフェーは。





しかもきた、タイル張り!





向島で出会った見事なタイル張り。





おー、これは「カフェー」だった建物でしょう!
この細工はなんだろう。何か意味を持っているのでしょうか?こんなの初めて見たよ。




見たことの無い様式の建物。モダニズムってこういうこと?




ここに永井荷風も出入りしていたかもしれないなぁ。

なんて妄想を膨らませてニンマリ。なんて充実した散歩なんだ。





この日の『鳩の街商店街』を中心とした向島エリアの散歩はまさに『感動散歩』と呼ぶにふさわしいものとなりました。






このエリアは「商店街マニア」の皆さんの欲求だけでなく、「路地マニア」の欲求も満たしてくれます。




一本通りを奥に入ればこういう魅力的な路地がゴロゴロしています(笑)




東向島の路地風景



魅力的な路地の宝庫




ベスト路地!





今、墨東が熱い!(笑)
※墨東=ぼくとう。隅田川を境にした東側エリア。ちなみに西側は浅草。




昭和の香りを感じながら散歩をしたいというあなたは今のうちに向島に行っとくべきだと思います。



興味のある方はこの辺りへどうぞ。 ↓





良裏路地の住所


いやあ、自分は完全にこの魅力に打ちのめされました。

この日の散歩はまさしく感動散歩でした。ハイ。





墨田区向島周辺。

行くならなるべく早いうちに行ったほうが良いです!



というのも開発がどんどん進んでしまっているからです。




この日の散歩の道中、建築中の民家をたくさん見かけました。下をご参照ください。




開発されていく向島




町がどんどん新しくなっていく




こちらも向島の風景





住みやすそうな現代の家に変化






「開発をやめろ!」なんて横柄な考え方は持っていませんが、やはり寂しく感じてしまいますね。良い雰囲気の建物のとなりが更地になっていたりすると・・・・もう残念でなりません。ただ、それもまたリアルトウキョウ。




でもやっぱりこういうほうが魅力的だと思うのです。 ↓



鳩の街商店街から2本ほどそれた通りで発見。イカス!





鳩の街商店街の中ほど





墨田区向島「鳩の街商店街」の様子




ものすごいタイムトリップも体験できた濃厚な散歩時間でした。

東京スカイツリー完成の2013年に向けて、このエリアはものすごい速度で開発されていってしまうでしょう。このような景観を体験してみたいと少しでも思った方は躊躇しないほうが良いかとおもいます。





2009年10月27日(火)アップ終了。

現在の東京スカイツリー → 183m うむ。成長してるよ。






にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
↑鳩の街商店街って素晴らしいアミューズメントパークですね!と思ってくれた方はクリックだ。
スポンサーサイト
インターミッション




2009年10月4日  日曜日



北千住にて。

これも記録に残しておかなければとアップアップ。






20091004千住エキゾチックフェア






千住エキゾチックフェアの夜をまったりと。

フラッシュは断然使わない派の俺。





この日は多くの人が北千住に集まり、イベントを楽しんでいました。
やはり今のシーンは足立、墨東エリアに在り(笑)

月を見ながら散歩して帰宅。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。