上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コレを書いているのは真冬も真っ盛りの2月です。寒いのが大のニガ手な自分にとって「暖房器具が俺の恋人」ってな季節なんですが、これから書こうとしているのは8月の記憶。暑かったあの日に思いを馳せ、ぐぐーっと時間を巻き戻しましょう。
ガンガン汗をかきながらメシを食ったあの日の記録です。


通常、自分は土曜日曜祝日が休日なのですが、この日はたまたま平日が休みになっていたかと記憶しています。(たかだか半年前の記憶があいまいになってしまう俺の脳の駄目っぷりについては割愛(笑)

起床して外を見るととてもよい天気。

「今日はこの天気を存分に感じながら昼メシを食べよう!」

というのがこの日のコンセプトとなりました。
弁当を買ってどこか公園にでもいこうか?
それともまったりできるオープンカフェで暑さを感じつつのんびりいこうか?
上野動物園に行き、いい大人が日がな一日オカピを眺めつつ生き物のフシギを堪能しようか?

※注:オカピマニアなあなたにはこのURLをプレゼント
http://www.tokyo-zoo.net/encyclopedia/species?code=366

せっかく平日に休みという普段とは違った感覚が楽しめる日。ハズしたセレクトになってしまわないよう慎重に考えます。長考長考・・・・

と、急にひらめきました!「あそこにしよう!」

本日の行き先は「池袋」に決定です。

行く場所が決定してしまえば楽なもの。いつものように散歩用地図とi-podをかばんに投げ入れ、自宅をあとにします。


豊島区池袋。ランドマークにサンシャイン60を持つ有名な街ですね。
ウチから大きな街に行こうと考えた場合、池袋が最寄りとなります。そのためCDを買ったり蔵書数の多い書店に行ったり家電を購入しようという場合には池袋を利用することが多く、自分にとっては王子、巣鴨に続く第三のホームとも言える街です。

そんななじみの街へのアクセス方法はいろいろあります。
徒歩でも1時間ほどかければ行けますし、原付があれば10~15分くらい。都電を利用してサンシャインサイドからアクセスすることもできます。もちろんJRを利用する正攻法もありますが、この日はちょっとした非日常気分を味わいたいという理由から・・・・


tobus_minkuru

都バスを使うことにしました。都バスキャラの「みんくるちゃん」も俺の乗車を喜んでくれているようです。(←妄想)まったりバス移動には味がありますよね!(←同意を強要)

平日の昼間の都バスにゆられること約20分。
池袋に到着。


池袋の雑踏をかきわけ、暑さの中目的地を目指します。


さて、この日目的地として選択したのは・・・・


kaidan
まるで天に向かうかのような階段を抜けて


どーんっ!ここです!


whereishere

ってここはどこ?(笑)


俺の脳内では思い出がビシビシフラッシュバックしていますが読んでくださっている皆さんには何のことやらですね。

上の画像の位置から180度回転して後ろを振り向いたのがこの風景です。ドウゾ!


okuzyou


ハイッ!池袋西武の屋上です!

で、何故ここに来たかといいますと、それにはもちろん理由があります。
好き者の間では有名な讃岐うどんのお店「かるかや」があるのです。

そう、本日の目的はこのかるかやさんです。

karukaya01


休日には長打の列を作るかるかやですが、幸い今日は平日。程なく自分の順番が回ってきます。


karukaya02

メニューと価格をご覧あれ。かなりリーズナブルです。

で、俺がセレクトしたのは・・・・


karukaya03


どーん!おろしうどん400円也。


karukaya04


ひと目で手打ちと分かるこのうどん!とても立ち食いで出てくるうどんのレベルではないです。うまそうですねー。
※食い物画像はマクロにかぎる!是非拡大してうどんのツヤをご確認ください。ああ、たべたくなってきたわ。(笑)


karukaya05


30度を超える気温の中、真夏の太陽を直に感じ、池袋の雑踏を耳にしながら、時にサンシャインを眺めながらうどんをずるずるといただきます。VIVAオープンエアうどん!(笑)

とても『贅沢な時間』だなぁ。

うどん一杯でこの感動!ごちそうさまでした。


karukaya06


屋外の風を感じながらうどんをいただけるこの環境に拍手。
なお、池袋西武の屋上はフードコートになっていますのでこのほかにもたこ焼きを食べたり、かき氷を食べたり、ビールを飲んだりなんていう楽しみ方もできます。友達なんかと一緒にいっても楽しめると思いますよ。ただし俺が強くオススメするのはやはり夏場です(笑)


to_bus


満足感につつまれ、都バスにて帰路に着いた一日でした。


スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。